縁起物でもある珊瑚

縁起物でもある珊瑚

縁起物でもある珊瑚 か 南国の海で美しい姿を見せてくれる珊瑚は、昔から宝石としても重宝されてアクセサリーに利用されており、それゆえに身近なところでもファッションアイテムとしてよく見かけることもあります。

そんな珊瑚ですが、基本的には白やピンク、赤といったようにさまざまなカラーが存在していますが、その中でもとくに高い人気を誇っているのが赤いカラーのもので、アクセサリーとしてはもちろん縁起物としても注目度が高く、最近では日本産の珊瑚は質も良いとして、日本国内だけでなく中国などの海外からも熱い視線が向けられるようになってきて、価格も高騰化してきています。
それゆえに赤珊瑚のネックレスやブレスレット、ピアスや指輪などは美しさを演出するアイテムとしての役割と同時に縁起物としても認識されています。
とくにカラーが濃いものはより高値になりやすく、ジュエリーのように加工しなくても、そのままの形状でもデザインとして美しいために、インテリアとしても利用されることもあります。

珊瑚の美しさを活かしたいろいろな使い方とは

珊瑚の美しさを活かしたいろいろな使い方とは 珊瑚といえば、南国の海を彩る美しい生物であり、スキューバダイビングなどの際は鮮やかなその姿に目を奪われることもしばしばです。
しかしそれゆえに海の中以外でもその美しさを堪能するべく、さまざまな形で昔も今も利用されています。

そんな珊瑚の使い方としては、もっともポピュラーなものとしては、やはりネックレスや指輪、ピアスやイヤリングなどの宝飾品のアクセサリーとして利用されている方法です。
とくに赤珊瑚は宝飾品としての価値も人気も高い傾向にあり、最近では海外などでも注目度が高まってきています。
また宝飾品としてだけではなく、その美しい形状からそのままの状態でインテリアとしても利用されていますし、水槽の中を綺麗に飾るためのアイテムとしても活用されています。
他にも縁起物や魔除けのアイテムとしても重宝されていますし、珊瑚は二酸化炭素を吸収して酸素を吐き出すといった浄化作用にも似た機能があるため、活水剤や珈琲の焙煎などに利用されることもあります。