珊瑚のオススメ保管方法

珊瑚のオススメ保管方法

珊瑚のオススメ保管方法 か 珊瑚は持っていると、天然なのか偽物なのかが気になります。珊瑚は昔から非常に稀少価値が高い宝石で重宝されていました。そのため偽物も多く出回っています。素人目には本物か偽物かの判断が難しい宝石です。価値知るためには、鑑定士に依頼をすることが一番です。自分である程度判断するためにはカラーグレードをチェックします。色味やムラ、白濁などを5段かいで評価していきSクラスが一番最高級です。天然の場合には日本産が一番高いグレードです。土佐湾で採れるものが世界でも最も価値がある珊瑚と評価されており大変高額です。
さらに日本産は稀少価値が高いだけでなく、日本の高い技術によって加工されたものは評価されます。購入場所も評価に関わります。インターネット通販や露店などの一時的な店舗で購入したものは偽物の確率が高く、数万円程度の安いものは偽物の確率が高いです。日本産では全日本珊瑚漁業協同組合の鑑別書があると本物と判断しても大丈夫です。偽物は特徴として表面のみをコーティングしてるため割ってみると中央部分は白くなっています。本物は触ると冷たく、熱を加えても熱を帯びることはほとんどありません。買取をする場合には火をつけることが簡単ですが、難しいケースが多いため白熱灯の下に長時間をいて見ると確認しやすいです。本物を保管するときには、密閉できるビニール袋などに入れて他の宝石とは別に保管します。傷と風化を防ぐことができます。

珊瑚は外で長時間活動するときは向かない

珊瑚は外で長時間活動するときは向かない 珊瑚のアクセサリーを身に着けていて、変色した経験はありませんか?
「これ、イミテーションだったんじゃ?」と早合点し、これ以上色が悪くならない内にと買取店に持ち込んだりする人も多いと聞きます。
実はこれ、本物の珊瑚特有の現象なんです。
元は海の生物。つまり、酸に弱いのです。外で長時間活動して汗をかき、そのまま収納しておくと白く変色してしまいます。
とてもデリケートですから、身に着けた後は柔らかく乾いた布で拭いてあげましょう。元々は生物ですので、赤ちゃんのお尻を拭いてあげる気持ちで愛情を持って接してあげてください。
しかし、ウェットティッシュはアルコールが入っているので珊瑚にはおすすめできません。
必ず乾いた布でケアしてあげましょう。例えば眼鏡拭きや楽器を拭くクロスや、もし無ければ目の細かいティッシュを使いましょう。
金属用の磨き布は研磨剤が入っている事が多いので表面に傷が付いてしまうのでタブーです。

今、珊瑚は高値で売買されており、売るなら今がチャンスです。
正しいケアの知識を持ち、高く買い取ってもらいましょう。